忍者ブログ

Toshiの日常事情

ゲームのこと身の周りのこと、いろいろ書いてます。


×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。



54b9b177.jpeg
ソードアートオンライン 10 アリシゼーション・ランニング / 川原礫

写真の帯にも書かれてる通りアニメが放送されてますね!
アニメの方は2話まだ見たのですが、1階層のボス戦という文庫版では
まだ出ていないシナリオだったので見ててワクワクしました!
原作の1巻ではいきなり70階層以上から始まるということもあって
まだいろいろと悟っていないキリトを見れるのは新鮮だったり。

3話は赤鼻のトナカイということで…キリトにとって大きな影響を与えたシナリオでもあります。

同じ作者さん繋がりでアクセルワールドの方もアニメが放送されてますね。
こちらは原作を1巻購入したところで止まってました。
正直、主人公のヘタレさに嫌気がさしたというところもあったり…
アニメの方も3話ほどまで見てそれからは…。

そんな状態だったんですが先週の土曜日にアニメの1~12話の一挙放送を
ニコニコ生放送の方でやっていたのでタイムシフトをとっておいて
日曜日に見てました。

12話まで見たのですが…すっかりハマりました!!(爆
毎回のEDの引きがもういちいち良くってですね、次回が気になる!!
12話までということで5代目の災禍の鎧<クロム・ディザスター>を倒したところまで。
一件落着に見えた展開でしたが主人公の頭の中で聞こえる喰いたいというメッセージなどなど
これからの展開をにおわせる引きでした!!

ニコちゃん可愛いですね(^p^)(結局



この先、ソードアートオンライン10巻のネタバレが含まれます



ソードアートオンライン10巻読み終わりました!
今巻は前巻から始まったアンダーワールドを舞台にしたアリシゼーション編2巻目!
前巻で衝撃的な別れをしてしまった明日奈は必死に和人の居場所を探す。
茅場の恋人であり、協力者であった神代凛子(こうじろ りんこ)の手助けもあって
和人と繋がりのあり行方が分からなかった菊岡の元に辿り着く…。

今まで謎だった菊岡さんの目的がいよいよ明かされました。


一方キリトはユージオと共にアンダーワールドの中心にある
央都セントリアのさらに中央にある純白の巨塔セントラル・カセドラルに入るために…
ユージオは連れ去られたアリスを救うために、キリトはこの世界から出るための
鍵を握っている者がいるであろうと…。カセドラルに入るためには極僅かな人しか入ることが出来ず
整合騎士と呼ばれる者達もその僅かな人達であり、キリトとユージオは
その整合騎士になることを目指している…。


アンダーワールドではアインクラッドでキリトが使用していた剣技スキルが使用できるなど
話が進めば進むほど気になることが増えてきます…。
また今回はキリトとユージオを観測している存在も現れたり…?

今回のアンダーワールドでは今までのVRゲームとは違い
生体脳をアクセスすることをしていないので現実での時間とアンダーワールド内での時間には
かなり開きがあり、その倍率は1000倍の倍率で世界を動かしている…。

ここで、アクセルワールドと少し似たような話でワクワクしますね!!
また、魂の寿命と、これも似通ってるところがあるかもしれない…。
ただアンダーワールド内での出来事は本人は覚えておくことが出来ないという
制限を設けているようですが…。


次回ではどのような話になっていくのか…?
またアインクラッドの方に戻る…?うーん?



PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Toshi_hi_
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1991/06/11
趣味:
音ゲー、エロゲー
自己紹介:
パソコン、ゲーム、ラノベは
もはや生きるために必要な・・・・ry
音楽聴いたり、歌ったりも好きです。

あと人のブログを見るのも好きだー!

カウンター

グ~バ~ウォ~ク

ブクログ

最新CM

無題(返信済)
(06/28)
無題(返信済)
(10/16)
無題(返信済)
(08/01)
無題(返信済)
(07/22)
無題(返信済)
(06/29)

アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

日本ブログ村ブログパーツ