忍者ブログ

Toshiの日常事情

ゲームのこと身の周りのこと、いろいろ書いてます。


GW突入を迎える様なエロゲの日でしたが、今回は2タイトルを購入。

1つ目は9-nine-ここのつここのかここのいろ
ぱれっとさんの新作はロープライスタイトルで4人のヒロインを
1作ずつ掘り下げていくタイトルになる様で、今回が1作目でヒロインのひとりである
九條都にスポットを当てたもの。
異能に目覚めた少年、少女たちの物語とあるので能力もの?の様です。
なんとなくCharlotteの様なイメージを抱いたりしてて楽しみなタイトルです。

こんなこと書いてるので体験版はプレイしてません…。
だいたいは体験版をプレイしてから予約の流れなんだけど
今回は体験版が出る前に予約したので、予約したし体験版良いかとなりプレイせず。
たぶん先月購入タイトルよりも早く予約してた気がします()

決め手は今回のヒロインである都ちゃんのビジュアルに惹かれました。
制服にピンクのパーカーって可愛さもありますが、何よりも綺麗な瞳に釣られました。
群青色?の様なOPムービーで瞳に近づく構図があるんだけど
そのシーンで見た時には瞳が夜空の様な綺麗さで気に入って購入しました。
そんなビジュアルが気に入ったタイトルなので抱き枕付きを迷わず購入。
おかげでどっちがおまけなのか分からない価格となってます。


2タイトル目はグリザイア ファントムトリガー
グリザイアはTVアニメ版の1期のみを観ただけの状態で
すっげー売れたエロゲというタイトルの認識でしか無いですが、
続編が全年齢タイトル向けに登場と。
主人公、ヒロイン含めて一新されましたのでこれを機にと購入。
こちらもロープライスタイトルとなっており、今回はVol.1, 2が発売されました。
とりあえず2タイトルセット版を購入。


購入したタイトルが気になるところですが、現在はトリノラインで
沙羅√をプレイ中。
√といっても分岐はシロネと夕梨で行われるみたい?
自分は1周目がシロネだったので分かりませんが、1周目に出てくる選択肢のところから
2周目が始まった様に感じたので。

アンドロイドというものをベースに人との関係や個人を何をもって捉えるかなどが
語られていくタイトルで読み進めるのが楽しいタイトル。
2周やった中で個人は意識を持って捉えている様に感じました。
3周目はアンドロイド(トリノ)を開発した側の沙羅がヒロインとなっている√。
この√も開始早々、驚きの展開が起こりつつどんな風にこの物語が終えるのか。

PR

先週の平日は先々週と変わって、帰ってはイストリアを進めてました。

グラブルの討滅戦を回しててPC付けたてたのでせっかくということで(
そんなこともあって無事、TRUE ENDまでたどり着けました。

ヒロインそれぞれの√を終えると、最初の選択肢のところのロックが外れる形だった様で、
そこからTRUE√へと入ることが出来ました。
バッドエンドも用意されていて、こちらはクリアする前に見るのが良い感じ。
ネタ晴らしの仕方はこっちのが良くて、バッド見てからだと
TRUEの気づき方があっさりしてる様な感じを受けました。
ただそこからはタネ明かしの連続なので読んでて気になるわの流れで
結局、平日も夜更かしが捗りました()

EDが無かったのが少しもやもやとした感がありましたが、
謎もしっかりと回収してくれて最後の展開も推しキャラが可愛かったので満足しました。
最後もこれからを感じられる様な明るいエンド。
いつか主人公がラスボスちゃんも救ってくれる様な展開を妄想しつつ。




イストリアを無事に終えられたので今週はトリノラインを進めたいと思いつつ。
さっそくプレイ開始しましたが休日に限ってプレイしながら寝落ちを繰り返すので
かけている時間に関しては進み具合は平日と同じぐらいという()
夕梨ちゃんがあんまり出てきてくれなくて寂しい()

√ロックなどが分かりませんが、シロネ、夕梨、沙羅の順で進められればと…。
イベントで口にされていた、沙羅√をやるということは
物語の裏側を書くことになるっていうワードが印象に残ってたので
出来れば最後にと考えてます。

それでも、わたしは――。




平日何してるのか分からないぐらいにゲームが進んでいない!
先週は女子高生にもなっていないはずだしどうなってるんだ…

週末はイストリアをぼちぼちと進めてました。
ここの選択肢が重い、内容は選択肢の通りでヒロインのどちらを見捨てるかを
主人公に選択を迫ってるシーン。
これこそがゲームの醍醐味だと思う。
プレイヤーに選択を迫り、物語の流れが変わるというのは
それだけでその物語に引き込まれるわけだし。


この選択はどちらを選んでも、主人公は助けられた側になってしまって
物語が続いていき、ヒロインと結ばれてエンドを迎える。

2√は終えて、3√目の分岐に差し掛かったところですが
犠牲となったヒロインは怖いぐらいに登場しなくなってしまうわけで
結局、見捨てたヒロインがどうなったのか、目的などは不明のままで
終わってしまいもやもやは増えるばかり。

上の画像の選択を選んだ際に、第3の選択となる様な台詞が出ていますが
この辺りも期待が出来るのか分からない…
ハッピーエンドはまだまだ来なさそうです…。


気づいたらブルーリフレクションが全然進まず日曜が終わっていた(

水葬銀貨のイストリアをぼちぼちと進めたり。
エピソード7まで進めたので、公式サイトのストーリー紹介に載ってる範囲では
あと少しというところ、その後は選択とかになるのかな。

進めていく事に希望を見せられては奪われていくことをされて傷心なところに
追い打ちをかける様に主人公、ヒロインの過去が明かされて…という流れで
もう何を期待して読み進めているのか分からなくなる…。
イチャイチャした未来が欲しいのか、そんなものは来るのか…。

読み進めていくことに登場人物の繋がりが少しずつ明かされていく流れで
ついつい進めることをしてしまうんだけど、すぐに後悔する。
周りのキャラはどんだけ主人公を苦しめたら気が済むのか。
エピソード5の結末のやるせ無さがつらい。
勝つほどに救いたいものに恨まれていくという負の連鎖。
すっごい可愛い顔して、やることは本当えげつない紅葉様。
本当このキャラの飴を信じた瞬間裏切ったを何度繰り返されるのか、
それでも主人公を甘やかすところが本当にたまらない。


途中から?出てきた主人公の憧れている人物というのは誰なのか。

泥々な物語からもうしばらく抜けることが出来なさそうです(積みゲを見ながら

 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 9 11 12
13 14 15 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Toshi_hi_
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/06/11
趣味:
音ゲー、エロゲー
自己紹介:
パソコン、ゲーム、ラノベは
もはや生きるために必要な・・・・ry
音楽聴いたり、歌ったりも好きです。

あと人のブログを見るのも好きだー!

カウンター

グ~バ~ウォ~ク

ブクログ

最新CM

無題(返信済)
(06/28)
無題(返信済)
(10/16)
無題(返信済)
(08/01)
無題(返信済)
(07/22)
無題(返信済)
(06/29)

アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

日本ブログ村ブログパーツ