忍者ブログ

Toshiの日常事情

ゲームのこと身の周りのこと、いろいろ書いてます。


休みの日は予定を決めずに寝てたりがほとんどなので、
気づいたら昼過ぎまで布団から出なかったり。

そのまま夜更かしの悪循環を断ち切ることはまだまだ出来なさそう(

ニーア オートマタをぼちぼちとプレイ中。
昨晩にようやく1周目であるAエンドが終了しました。
前作と同じく、1周目はあくまで主人公である2Bの視点での物語に
決着が着いたというところで終わった感じ。
まだまだ気になるところがありますので2周目も進めていきたい。

2Aちゃんも1周目ではちょい出というところでした、もしかしたらサブクエで
掘り下げあったのかもだけど、自分が進めた範囲では戦闘の痕跡を見つけるところぐらいまでしか。
あとは、各地に開封出来ない宝箱だったり、あからさまに通行することの出来ない扉などが
あったりでこの辺りも次の周回ではどうなるのかなとか楽しみです。

2周目も触りだけプレイしましたが、今回は頼りになる相棒君視点で物語が見られる様です。
1つの物語を他の視点で見られるってのは前作でもあった要素で
この要素があって増々ニーアを好きになったので今回もどんな効果があるのか楽しみなところ。

1周目ではただただ2Bちゃんが可愛いという(
9Sの為にどんどん感情を表に出していく2Bちゃんが可愛かった。
2周目の序盤の素っ気ない発言をする2Bちゃんもまた可愛い()

PR

ノスタルジアが先週稼働したので遊んできました。
ピアノを押し出しているタイトルなので、クラシックなどもそういった曲が入ってました。
他タイトルの曲はやってくると思ってましたが、版権の曲も
アレンジしてくるのは嬉しい誤算でした。
オリジナル曲も気に入った曲あったのでプレイ続けたいところ。

まだ稼働したばかりでこんなこと気にしても仕方ないかもですが、
アレンジも加えてるところから曲追加のスピードが気になるところ…

システムなどは某ゲームに似てるというかそのまんまと言っても差し支えはない感じ。
良い意味で捉えると取っ付き易すい部類と思います。


今週末も映画を観に行ってまして、アサシンクリードを観てました。
ゲーム自体は1、2の最初のやつしかプレイしてませんが、問題ない感じでした。
アニムス、エデンの果実、テンプル騎士団、アサシン教団などは登場してくるものの、
主人公、過去のアサシンなどの登場人物は映画オリジナルとなってたので。

アクションはゲームで見たことある様なものも出てきて観てて面白かったです。
続きが出せそうな終わりになってますが、どうなるのかな…。


先週はニーアで夜更かしが続いてましたが、ゲームの方は対して進んでない状態。
サブクエがさくさくとプレイ出来るのとサブクエにもストーリーがあって
これが気になってついつい進めてしまったりと。
メインの方はアダムとイヴが登場して、ある事実を告げられたものの…?


ニーア オートマタを購入してプレイ開始。
DODの流れから友達に勧められて前作のレプリカントはプレイしてました。
DODの1から繋がる世界観、抗っても状況は良くならないどころか
2周目の待ってましたと言わんばかりの演出に最後のEDと
良い意味で記憶に残ってるタイトルだったので、ニーアの名前を冠したタイトルが
出ることに驚きつつ、PVが出るたびに期待値がどんどん高くなったりと楽しみなタイトル。

レプリカント、ゲシュタルトをプレイ済みの人はあらすじからもう突っ込み満載ですが
世界観は繋がってるそうです。

人類の敵として出てきた地球外生命体の手先である機械生命体と戦う
ヨルハ部隊と呼ばれる部隊の中のひとりのアンドロイドとして話が進んでいくわけですが、
初っ端から機械であるはずの敵が喋りだすは感情あるっぽいわで
謎が謎を呼ぶ展開が続いたりと、やり始めたらついつい時間を忘れてプレイしてしまう。

PVで出てきたものとも戦ったり。
ここの戦闘の前半と後半の雰囲気の変わり方が好きでした。
終了後の演出にも何か意味があるそうなので、続けるのが楽しみなところ。


これからはまた、毎日夜更かしが捗りそうです()


ソードアートオンライン オーディナル・スケールを観てきました。
いつの間にかラノベの購入も止まってしまっていてSAO自体が
個人的にはご無沙汰なタイトルとなってましたが、読んでた頃の
懐かしさを感じられる良いタイトルでした。

"これはゲームであっても遊びではない"はアインクラッド編でのキャッチコピーとなっており
ログイン不可、ゲームでの死は現実での死を意味するという設定を表してました。
映画では"これはゲーム、そう思っていた"というキャッチコピーになっています。
最初はゲームの中のイベントクエストに参加するという軽い気持ちから始まったのが
真相が明かされていく中で大切な物を賭けての戦いに身を投じていくキリトという
ストーリーを表せているし、映画の2時間という中で纏められており、
見応えのある映画でした。

時系列はTVで放送されているマザーズロザリオ編の後みたいだけど、
独立はしてるのでそこまで気にする必要は無かった。
登場人物ではシノンが出ているのでファントムバレットまで
読んでると良い感じです。
話は独立しておりますが、とあるシーンでは今までの話を知ってる人向けの
ファンサービスな演出が出てきたのが嬉しかったし、
改めてソードアートオンラインが好きって言うのを実感することが出来ました。

戦闘シーンはフェアリィダンスの個人的に好きなシーンを思い出させる様な展開が
あって、もうバクバクものでした。

 

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28
30

プロフィール

HN:
Toshi_hi_
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/06/11
趣味:
音ゲー、エロゲー
自己紹介:
パソコン、ゲーム、ラノベは
もはや生きるために必要な・・・・ry
音楽聴いたり、歌ったりも好きです。

あと人のブログを見るのも好きだー!

カウンター

グ~バ~ウォ~ク

ブクログ

最新CM

無題(返信済)
(06/28)
無題(返信済)
(10/16)
無題(返信済)
(08/01)
無題(返信済)
(07/22)
無題(返信済)
(06/29)

アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

日本ブログ村ブログパーツ