忍者ブログ

Toshiの日常事情

ゲームのこと身の周りのこと、いろいろ書いてます。


先週末はBLAMEを観に行ってました。
シドニアの騎士の作者の弐瓶勉さんの作品ということと、
アニメの制作がポリゴン・ピクチュアズってこともあって観に行きたいなと
気づいたら席の予約をしてました。

2時間弱という時間の中に詰め込まれた世界観にどっぷりとはまることの出来る映画でした。
世界観の設定も機械生命体が人間を排除しようとしているとか好みな設定。
スピード感のある戦闘もこの辺りはアニメ制作から納得な出来。
展開も次々と進んでいくので始まりから終わりまでダレることが無い感じでした。

主人公である霧亥は無口なキャラで何を考えているのか分からないところがあって、
づる達の人間臭さが際立たしていて良かったです。
かといって霧亥人間臭くないこともなく。

最後の展開的に続編あるのかと思ったけど、そんなこともなく。
ただ、パンフレットの原作者のコメントでは前向きな事が書かれていましたので期待してしまう。



面影レイルバックの体験版である、エピソード 捌 泥亀の月をプレイ。
本作かなり延期を繰り返しているタイトルの様でしてどんなタイトルになるのか…。

公式サイトを見る限りは主人公とヒロインの三角関係が主軸になるタイトルの様?
ただそこには主人公、ヒロインの立場という要素が加わるみたいで。

今回の泥亀の月は本編エピソードの8年前が舞台となっており、
主な登場人物としては本編の主人公とヒロインの一人との出会いが描かれており…。

上でも書いた各キャラの立場という要素が良い味を出しており、
微笑ましい会話もとても危ういバランスの上で成り立っているものが分かっていて
ついつい読み進めてしまうものになっていました。

また体験版の話のメインに置かれているのは主人公の父親の話となっていますが、
主人公の現在の立場の話で間違いなく関わってくるエピソードになっていそう。
8年前という設定ということもあり、今回のストーリーと本編に出てくるキャラたちは
それぞれ立場が変わっています。
この辺りはどういう経緯があって本編に繋がるのかは
まだまだ想像の中でのお楽しみ状態となっていて、発売日が楽しみなタイトルになりました。

今回の体験版はヒロインの一人のみが出ており、彼女のとの出会いが描かれているので
もうチョロい自分としてはそのヒロインの好感度がうなぎ上り。
そこで公式サイトのストーリーの一文にある”初恋の行方は、置いていく”を見て
更に想像が捗るわけで。
彼女が交わした約束の先にあるであろう結末もどうなるのか。

ただの体験版ではなく、こういう見せ方も面白いなーと。
この体験版のおかげで製品版の予約の踏ん切りが付いた個人としては。
ただ、本編へのハードルが結構上がってしまいますがどうなるのか…。


そもそもちゃんと発売されるのか……。

PR

GWの生活リズムが狂ったまま、平日が始まり乗り切ったところで
次の土日はひたすら寝てました()

積みゲは何も進まず……。

進んでないけど、新しい体験版には手を出すなど()
てなわけではにデビの体験版。
イラストに引かれたと思うんですけど、何で体験版始めたのかは分かってないです(
イラストは早川ハルイさん、個人的には少女神域 少女地獄以来です…
少女神域…あれは嫌な事件でした…どの√に進んでも結末は変えられない…
まるでループもの失敗に突き当たってる気分になれました。
ハッピーエンドを求めたい…。

今作はそんなタイトルでは無さそうなんで安心。
ヒロインが淫魔に憑かれており、淫魔ということでそういうのを催すことに…。
そんな淫魔を払うことが出来るのか主人公何だとかで始まる物語。
本編は上記の事実を説明されつつ、各ヒロインが出てくるところまでと触りな感じ。
何とも安心感のあるラノベの様な展開だ…。

体験版の範囲では登場シーンが多いということもあって遙花ちゃんが気になるところ。
中の人はPRETTY×CATIONの妹ちゃんだったこともあると思う()


連休中にエロゲモチベが上がってたので、積んでた”枯れない世界と終わる花”をプレイしてました。
こちらもフルプライスタイトルでは無いのでサクっと終わり。(積んでたけど

1本道のシナリオの合間で選択肢があって、それによって合間のサービスシーンと
後日談の相手が変わるという構成。

終始ヒロインが悲しい、苦しいって表情をしているので読んでるだけで辛くなります。
その分、後日談の笑顔の表情するヒロインが輝いてました。

世界を維持する?為にある役目を任せられているヒロイン達を主人公が救っていく話で、
救い方はそれぞれのヒロインが役目の代償で欠けてしまっている部分を見つけ出すというもの。
欠けてしまっている部分に関して諦めていたり抗ったりと
ヒロインそれぞれが葛藤しているところが見えたり。


タイトルは花が役目のことに結びつけるのかなとか考えたり。
役目そのものをを終わらせた(終わる花)世界は続いて(枯れない世界)行くとか?



ダントラ2は2次職が開いたところから地下墓地でひぃひぃ言ってるところです。
ボス戦はもちろん雑魚敵でもターンの処理順などではパーティーメンバーが落ちたりと
油断が出来ないところはこの手のゲームらしいところ。
一部バフスキルは戦闘前でも発動可能なところやお金さえ集めればアイテムも
使っていく感じなところが世界樹では味わえなかったので面白いなとプレイしてます。
スキルなんかは戦闘前にかけるのをついつい忘れてしまっていますが…。


グリザイア ファントムトリガー vol.1, 2
インストールしてから読了まで間隔を空けずにプレイしてしまいました。
ストーリーが短いということも有りますが、展開が早くてどんどん読み進めたくなってしまい…。
日常でのギャグが有り、そして事件発生、解決までの流れを1タイトルずつやってるので
メリハリが有ってだらだらとやってる感じが無かったのも読みやすいなと感じました。

ギャグの中でもヒロインを始め各キャラが持っている心の闇の部分が見え隠れしていたり、
各キャラの考え方、それこそ生き方が見えたり。

vol.1では主に視点が有坂先生になっており、彼女が舞台となる美浜学園に就職が決まるところから
ストーリーが始まるので各キャラの触りの紹介、舞台の紹介などが出来ており
導入部分と感じ、ただそこでも事件が発生したりと1本で楽しめる様になってます。

vol.2ではvol.1に比べて事件への流れが速いので作品の盛り上がりのかかりが早いです。
新キャラも登場したりしますが、主にヒロインのひとりである深見玲奈にスポットを当てられており、
vol.1で提示されていた彼女の過去の掘り下げを見ることが出来、事件にも絡まっていたり。

次回の発売も決まっており、獅子ヶ谷桐花にスポットが当てられることになるんだとか。
凄腕のスナイパーである彼女にどんな過去があって、どんな経緯で美浜学園に来たのか
明かされるのかと思うと発売が楽しみです。

また各タイトル毎に次回予告が用意されており、本編に関係有る事無い事を
ヒロインが喋っていたり、イラストも可愛いらしいので必見です。


そして久々にVitaを取り出してダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印をプレイしたり。
フォロワーさんが続編(2.2)をしているツイートを見て興味が出たところに
前作が今なら割引キャンペーンしてますよと教えてもらったので
早速プレイしているわけです()
同じジャンルである世界樹を投げる自分がどこまでプレイ出来るか見もの()

と言ってもこちらはキャラのジョブ、加入タイミングなどが固定されていますので
序盤はある程度楽に出来てる感じ…何とかパーティがフルメンバーの5人までは
進められたので詰むならこの辺りから…?
何とか2.2まで行きたいね()

 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 9 11 12
13 14 15 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Toshi_hi_
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/06/11
趣味:
音ゲー、エロゲー
自己紹介:
パソコン、ゲーム、ラノベは
もはや生きるために必要な・・・・ry
音楽聴いたり、歌ったりも好きです。

あと人のブログを見るのも好きだー!

カウンター

グ~バ~ウォ~ク

ブクログ

最新CM

無題(返信済)
(06/28)
無題(返信済)
(10/16)
無題(返信済)
(08/01)
無題(返信済)
(07/22)
無題(返信済)
(06/29)

アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

日本ブログ村ブログパーツ